スポンサーサイト
【 --/--/-- --:-- 】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
大阪-乗鞍、自走往復の記録-高山行き
【 2009/08/20 21:25 】
1_20090820201427.jpg


出発朝は4時起床。
5時出発。

思えば前日名張120kmだった。
サイクリングモードだったのに若干疲れが残っているのはお年のせいですだ。
先日の女子練十三峠の翌日の方がよっぽど疲れが残っていた。

疲れが残っていようが残っていまいが、朝のいきなりの登りはしんど~い(≧▽≦;)

307号線を毎度ひ~こらのぼり、よく練習で通る宇治田原から猿丸神社へ登る。
この先250kmあるのに、この練習コースのチョイスなのかわから~ん(≧▽≦;)

瀬田川へ下る頃にはなんとアベレージ18.5km/h!
こここんなんでホンマに高山につくんかいな~( ̄□ ̄;)!!

そこからしばらく平坦が続く。
少々の追い風もあってがんがん踏んで彦根に着いた。
日曜日の朝という事もあって、道は空いていて走りやすかった。
ここでアベレージが26km/hに跳ね上がった。
平坦になってからずっと35~40km/hくらいで巡行してきたらしい。
というか…ウチあたりには走りやすい平坦というものが無くって…
我々、平坦の走り方を知らないのでした(°∇°;)
平坦というものはどこでもここでも力一杯走るしか体に記憶がないので…( ̄□ ̄;)!!
予定より随分早く彦根あたりに来たがペース上がりすぎてかなり疲れた。
北海道のブルベは絶対完走無理やぁ~(≧▽≦;)

関ヶ原へ向かって登りが始まると気温も上がって厳しくなってきた。

大垣手前だったでしょうか…。

日曜日の午前中という事もあって、交通量はすくなかったが…

突然、ヒロさんがガードレールに軽く接触した。

路肩に数センチ出来てた段差で滑り込んだらしい。
暑さとスピード上げすぎてかなり消耗していて油断したんだろうか。

落車する風でもなく、すぐに体勢を立て直して…
手を振りながら走り始めたので大したことないなぁ~( ̄∇ ̄;)

左の中指をガードレールぶつけて突き指したらしい。
激突を避けようと左肩か背中か腰かを捻ったらしかった。

指も腫れては無かったし、大したダメージがあるようには見えなかったが…

ここからヒロさんがぼろぼろになり始めた。


大垣からものすごく気温が上がり始めた。
30度は軽く超えてるなぁ~
あっつぅ~(≧▽≦;)


2_20090820201427.jpg


いえ~い長良川ぁ~!!初めてぇ~(^-^)ノ

大きな川のサイクリングロードはどこも似ているが…
知っている中では一番きれいで走りやすい感じだが…
土手の上の吹きさらしで乾いたドライヤーの様な熱風は更に消耗した(°∇°;)


3_20090820201427.jpg

それから絶壁に建つお城を眺めながら岐阜へ入る。
我々と同じくらい馬鹿げていると思えるのは明らかに平和ボケ。


花火大会の準備らしくて大渋滞だった(≧▽≦;)



4_20090820201427.jpg
5_20090820201427.jpg

暑さの中美濃の道の駅でやっと昼食。

この日もおうどんを食べる。
しかしここの緩すぎるおうどんにちょっとげんなり。
でも美味しいアイスで気を取り直す。

さてここから約100km登るのだ!
エイエイオー!!


ヒロさんが生彩が無い。
ガードレール接触のダメージを引きずってるのか…。


6_20090820201611.jpg

暑さの中何度かコンビニで休憩しながら…
郡上八幡を越えるとだんだん涼しくなってくる。
郡上八幡もお祭りで大変な人出でしたよー

どこもここもお盆でお祭りでしたねぇ~(ノ゚∀゚)ノ
通り道のお墓に提灯が並んで華やかでしたよぉ~( ̄∇ ̄;)



7_20090820201611.jpg

郡上八幡を越えるとせせらぎ街道に入る。

せせらぎという静かな言葉と裏腹に…
日曜日の午後には観光やツーリングから帰る人が多くて、
車やバイクがやたら多い。
バイクの団体さんが特に多かった。

国道ということで、大いに油断した。
せせらぎ峠は国道なのに自動販売機もコンビニも無いのだよー(°∇°;)
厳しい基準のある観光道路なのかぁ(°∇°;)
そこまで調べてへんでー( ̄□ ̄;)!!

ほとんど補給を持たずにせせらぎ街道に入ってしまった。
途中で何カ所かの道の駅があるにはあったが、明るいウチに峠を越えてしまいたかったので、スルーした。

途中、バイパス有料道路になる。
自転車が通れるかどうか解らないので、峠越えの道を選択。
コレがそもそも地獄にも等しい度重なる試練の起こりでもあったかもしれない。
あ、ヒロさん的に( ̄∇ ̄;)フフ 

途中に坂本トンネルがあるがそのバイパスを通らない坂本峠というところ。
もうかなり登って消耗してきたから一層厳しかったんだと思う。

何キロ登ったのか意識が朦朧となるような峠だった。
薄暗い急斜面を文字通り九十九に折れた薄暗い狭い道。
路面はぼろぼろに割れている。

こんな所を何キロ登るんやぁ~( ̄∇ ̄;)
ぞっとしながらとろとろ、よろよろと登る。
何せ越えなければ高山には出ないもん~(≧▽≦;)

ヒロさんのサイコンは斜度が出る。

随分登ったと思えるころ…。
あぁやっと平坦が見えた!と思って「斜度どれくらい?」と聞いてみると「8%」との答え。
とうとう狂った。バグった。壊れたワタシ。

その上水が切れてしまった…(°∇°;)


GSPの高度を見るとまだまだ300mは登る計算になる。


F1000621.jpg

ぎゃおー初の行きだおれぉ~!!
と思ってると、わき水発見(ノ゚∀゚)ノ

どうこでもそうだけど、今の人も昔の人も歩く人も自転車の人も同じなのか…
もうあかん~と思える頃わき水があって救われる(〃▽〃)
冷たくて美味しい水ゲット。
近頃わき水に異常な嗅覚を発揮するワタシ、才能の開花か( ̄∇ ̄;)フフ 
ボトルを玄関先に忘れて来てしまったワタシはペットボトル2本に水を詰める。

さて気を取り直して登り始める。

しばらくするとロードの人が一人降りて来た…
ランドナーバッグをいっぱい付けてた。
こんな道で同類に会うなんてぇ~きゃぁ~(〃▽〃)
こんにちは~と行ってすれ違うのが精一杯でしたが…(〃▽〃)

8_20090820201611.jpg

やっと標高1000mをカウントして坂本峠頂上へでたっ!!
ばんざ~いばんざ~いばんざ~い(ノ゚∀゚)ノ

危険過ぎる道を慎重に下って、出たところはせせらぎ街道(°∇°;)



9_20090820201611.jpg

路肩のドライブマップを見ると…

げげ~っ!!
まだ峠あるで~!!
今度は1100m( ̄□ ̄;)!!


雲行きが気になるせせらぎ街道を20kmほど下る。

途中で強風向かい風が吹き始める。
気温がどんどん下がってくる。
とうとう20度が切れた…

黒雲があっという間に大降りになってしまった。


真夏の油断で雨具無しで、ヒロさんは100均のレインウエア。
ワタシはウィンドブレーカーのみ。
日の暮れも近いのでおちおち雨宿りもして居られない。

土砂降りになって路面は川のようになった。
せっかくの下りにやたらと時間が掛かる。

どれくらい下っただろうか。
高低差500mくらいは下っただろうか…

次は西ウレ峠というへんてこな名前の峠に向かって登る。
そこまで登れば一気に下って高山に出るはずだ。
見知らぬ山。見知らぬ峠。土砂降り。どんどん下がる気温。

標高1000mとは必ず雨にあうのかなぁ~ただついてないだけなのか…
つらいなぁ~つらいよぉ~え~んえ~ん( ̄∇ ̄;)
だれやぁ~乗鞍自走しよゆ~たんわぁ(≧▽≦;)


ヒロさんの様子がおかしい。

ガードレールに接触した事で、突き指と肩と背中辺りを少し捻ったらしくて…
うまくサドルに座れなくなったらしい。

雨の中を少し休みたいらしかったが、日が暮れるのが恐くて気持ちは先へ先へといく。
ついするりとヒロさんの前に出てしまったら、すぐにヒロさんが見えなくなった。

なかなか追ってこない所を見るとよほどひどい状態だろうか…(°∇°;)

ゆっくり登っていると雨がだんだん小やみになってくる。

10_20090820201611.jpg
あはははっ…なんか丸いモンいっぱい写ってますねぇ~( ̄∇ ̄;)
とうとう西ウレ峠!標高1100m!

日の暮れにしばらくヒロさんを待つ。
指と肩と背中と新たに、お尻ダメージに加えて、寒さとハンガーノック。
多重苦を抱えたヒロさんがやっととぼとぼと峠上に到着。

持ってた補給食も食べ尽くしたらしく。
食べ物くれぃ~(°∇°;)
ってあーた。餓死寸前の表情(°∇°;)
持ってたクッキーみたいなヤツを渡すと受け取る手が凍えて手が震えてしまってる。

だぁ~(°∇°;)
燃費悪いね(°∇°;)

気温15度。
ずぶぬれでここから30km下ると高山。

日がとっとと暮れ始めた。
30kmの下りならうまくいけば1時間ほどやん!

が、ヒロさんの状態はかなり悪そう。
あり得なく時間が掛かる。

とっぷり暮れた民家もない山道でヒロさんが千切れてしまった。

真っ暗の山道で止まるのも恐いので、とりあえず民家の明かりのある道まで行く。
いつの間にか雨は止んだが、濡れた体に下りは寒い(≧▽≦;)

途中の小さな集落に自動販売機をやっと発見。
ありがたい事にあたたかい飲み物もあった。
そこでヒロさんを待って、補給。
ココアは無かったがミルクティですこしホッとした。
残り15kmがこれまたやたらと長かった。

高山市内を突っ切った向こう側の丘。激坂の上にホテルがあった…(°∇°;)
しぬぅー(≧▽≦;)

20時過ぎに鬼の激坂ホテルにやっとチェックイン。

翌日に備えて贅沢言わずにホテルのバイキングの夕食。
露天風呂で超長湯でやっとほっとして、22時頃には寝たかな。


明日は乗鞍やぁ~(〃▽〃)
スポンサーサイト
自転車でお出かけでした | コメント(6) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。