スポンサーサイト
【 --/--/-- --:-- 】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
今日も登ってまして
【 2010/05/04 23:18 】
今日も遅くなったからブログさぼろうと思ったら、携帯からのアップした画像があまりにもへぼへぼなんでやっぱしかかんとあかんのんかぁ…。


生駒市某所で某イベントに3日間みっちり生駒の山んなかに潜んでおります都古です!

なごやか~な昼食を中座っちゅう失礼なアタクシ…
人との昼食が面倒というかどっちかというと食事自体が面倒で…
だってさぁ~気になって、気になって、気になって、気になって、気になってさ。


あ~もうあかん!

すんませ~ん。
ちょ~っと峠見てきます!!
といって失礼にも中座。

今日は暑かったね。一番あつい時間だったでしょうか。
峠に向かってうらうら~っと登る。

たった一度の暗峠の奈良側はどんなんやったっけ?
どうしても思い出せないけど…
奈良側も結構な斜度やったんちゃうかいな。
ま、あかんかったら帰ろう。
と気楽にぶらりと出かけた。
20100504_1.jpg

ひょうたんとか、タマネギだとか売ってた…
まだまだここまではのんびりでした。

が…ここからしばらくすると暗峠本領発揮。

コンクリートに水玉模様が現れた。
見た目にはそんな斜度はない気がするが…
曲がったり波打ったりして先が見えないだけだった…

うっぎゃあああああ!!
あぁ~無理無理無理無理~っ!!
やめときゃよかったぁ~
息ができん。

水玉模様にタイヤ取られたりなんとも心許ない足下、いやタイヤもと。

先を見ると急角度のガードレールが遙か上に見える。

とたん気持ちが萎えて足が止まった。

いや~ん。がんばって登ることにな~んも意味も無いし、結局一人やしぃ。
ここから引っ返すかなぁ…



いやいやあと少しできっと峠に出る。

と気を取り直して再びスタート。

大阪側から登った斜度を思えば登れる。
ハイカーから応援の声が何度かかかると…もう後へは戻れん~

汗がぽたぽたフレームに落ちる、
呼吸音が大きすぎてハイカーが振り向く。

ワタシに登れるぎりぎりやぁ…

ゆっくりゆっくり。スピードにして6km。あ、府道7号より少し速い。

そしてとうとう高架があるところ。
犬を連れたご夫婦が振り向く。
「わぁ~!すごい!すごい!あとここだけやで!がんばれぇ~!」

とラブラドールレトリバーを連れた奥様が大きな声を掛けてくれる。

ラブラドールは遊び相手かと突進してくる…
げっ激坂でそれはないやん…。

やっと息も絶え絶え高架下から、数十メートルの残りの坂を見上げる。
げっ!高架下もあり得ん激坂。
「え”~~~~~~っ!!これはあかんわ~!!」
しばらく迷ったがやっぱし気を取り直す。

「転けたら助けてや~!!」

ラブの奥様に声を掛けて最後の坂に食らいつく。


そう、トリプルに怖い坂なし。
今日もインナーロー全開ゆるゆると登る。
最後の数メートルは荒い石畳になる。

「ぎゃ~~~~~!!」

立ち上がって必死に石畳を乗りきる。

周りにはたくさんのハイカーがいた。

ハイカーがみんな道を空けてくれて、手をたたいて応援してくれた。

「あとちょっとや!」
「がんばれ!」
「もうすぐ!」

「ぎゃ~~~~!!つ!つ!ついた~~~~~!!」


たくさんのハイカーさんから拍手と

「おめでとう!」
「よーがんばったなー」
「どっからきたん?」
「一人でのぼってきたんかいな?」
「ここのぼるとはたいしたモンや!」


汗まみれで、足ががくがく。
しばらく石畳に倒れてハイカーさんの餌食になった。


おっさんどさくさに紛れて、「コケてそんなお尻おおきなったんか。」って…をい!



20100504_2.jpg

この写真は、応援してくれたラブラドール連れたご夫婦の奥様が撮ってくれました!
ありがとうございました!


一人で暗峠!
ただし奈良側ですよぉ。おっほっほ!
スポンサーサイト
自転車でお出かけでした | コメント(14) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。