スポンサーサイト
【 --/--/-- --:-- 】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
うずまき猫
【 2010/11/19 18:30 】
20101119_1.jpg

自分で本を買っちゃうと、もったいないのでどんなつまんない本でも最後まで辛抱に辛抱を重ねて読む。修行。

図書館から片っ端から本を借りてきて、ちょっと読んでつまんなければパス!
…という潔い!しのさん流を急にリスペクト。

本を読む場所はお布団の中。
そんでベッドサイドの小さなテーブルには、本棚に入りきれない本が縦に積んである。
かれこれ高さ1m位が何列か。
地震が来れば…それくらいでは死なんやろうけど、ふつーに痛いやろ…

図書館から限界の冊数を借りた本は、積まないで枕元に散らかってるのです。
とゆーか本と一緒に寝てる。
なのでたぶんipadは無理だと思う。


あー!
でー!
何が言いたいのかというと~


う~ん!そうそう!ってすっごく思ったの。


村上春樹さんってかたはマラソンをするらしいよ。
ボストンマラソンをもう10年以上も出てはるんですってね。
3時間40分を切れるんだってさ~!アスリートやん!


マラソンというものは不思議な体験である、経験するのとしないのとでは人生そのものの色彩も幾分変わってしまうんじゃないか…人間存在にコミットするものがある。
走ってるときは「好きこのんでこんなひどい目にあわなくちゃいけないんだ…体に悪いくらいだ…」と思う。
ゴールに飛び込んだとたん「次のレースは頑張ろう」と思う。
爪がはがれ、豆もできて、翌日は階段も下りるのも辛いのに…

…そんな事が書いてあった。

ワタシも爪とれたし~~~ぃ!!
わ~い村上春樹と一緒!いっしょ~い!

先日とれた爪の隣の爪も皮一枚でまだつながってるし。

マラソンってブルベと同じなんやなぁ…


「ブルベって一体なんやねん…」っていう問いをいろんなブロガーさんがそれぞれに答えてる。

「達成感」という答えが多い様におもうが…
ワタシはな~んか「達成感」とか違う気がして仕方がない。

達成感ならわかる。
こつこつコードをたたいて、テストして修正して、テストして修正して、テストして修正して、
予定通りの答えをちゃんと出したときは「できた~!達成感!」ビールも旨かろう!…飲めんけど。

がブルベはなんか達成感とは違うんやなぁ…これが。
どう違うのかってことがどうしてもうまく表現できないけど。

ぽつぽつと自分と向き合い、語り合い…
しんどい、暑いし凍える、腹減った、膝痛い、怖い、眠い、きっともうすぐ峠は越えるやろ、
見たこと無い程綺麗な星空!やっほー初高知県だ!次はきっとトマト食べよう!
…とかなんとか…自分と押し問答のあげく、ぼろぼろになってゴールにたどり着く。

これのどこがおもろいねん!って…。



これは一体どういう作用だろうか…と村上春樹さんが書いてる。

人間には時々、自分を極限まで痛めつけたいという潜在的な願望のようなものがあるのだろうか?
ハーフマラソンに走り終わったときは、整合的に解消されてしまう種類の苦しみで、
フルマラソンを走り終わったときは、簡単には飲み込むことのできないこだわりのようなものを腹の中にガツンと残すことになる。
ついさっきまで味わってきた「苦しみのようなもの」とは近いうちにもう一度、対峙してそれなりの落とし前を付けなくてはならないと感じてしまうのだ…   「うずまき猫のみつけかた」村上春樹 より一部


にゃ~るほど!!
うまいこと書かはるわぁ~!!小説家って。


未消化のガツンが腹の中に残るのよ…
信州のあの峠や、熊野の道やサニーロード、足摺岬、雪にまみれた川や嵐の海。
記憶の何かが腹の中に、モソモソとウズウズとワタシの中にあるのだよ。
まさしく、今度こそ落とし前を付けなくてはならない感じやねぇ。


20101119_2.jpg
で、そんな事考えて、今日は寄り道無しにまっすぐ会社に行ったらカギ忘れた。
あ・ほ・っ!

事務所にはまだ誰も出てないらしい。

きゃ~
きゃ~
きゃ~
きゃ~
ちょっとうれしい。

誰か来るまで、まだ一度も通ってみたこと無かった寝屋川沿いの道を走ってみると、
深北緑地にでたよ~ん!

え~お天気で。
もう事務所に誰も来んかったらええけどなぁ…
と思ったらすぐに電話で呼び戻された。



スポンサーサイト
日々なんとなく自転車通勤 | コメント(4) | トラックバック(0) |
| ホーム |
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。