スポンサーサイト
【 --/--/-- --:-- 】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
BRM604 紀伊半島一周600km 敗戦記
【 2011/06/06 21:02 】
何をやっても、家族揃ってダメダメな日も人生にはありなのです。
こんな日もあるわな。


息子は春休みに免許をとったばかりで、
自転車には乗らないで冬はスノボー夏はサーフィン。
ウチって山に住んでるのに、それはない物ねだりやで~(=◇=;)
というのに、泉佐野まで送迎するから車を貸してほしいと。
来年くらいにはそろそろ車を買い換えたいからからそうすればあげるかも。

と言っていたのに、どうしても車が必要だというので、泉佐野まで送迎してもらうことにした。

輪行が大嫌いなワタシには万が一の場合でも電車にのらなくても、迎えに来もらえばええかぁ~(≧∇≦)b
というリタイヤすれば迎えに来てもらえる。

そんなしょーもない安っぽい打算も敗因の一つ。


が!家のガレージから車を出すときに、お向いさんの壁にバンパーを擦った(=◇=;)
数日、特訓したのにあかんかったんかぁ…


そんな不安なヤツに車を運転させて、泉佐野へ。
時間通りに着いた。



20110604_1.jpg


身支度をして、ブリーフィング。
スタート時間が一斉だったせいかいつもより参加者多そうo(>▽<)o
いろんな方とご挨拶させて頂いた。
近頃よくコメントいただいていたスキンヘッドさんにもご挨拶させて頂いた。
ホンマにホンマにホンマにホンマにトレックのクロスバイクで600kmとは恐れ入りました~~~o(>▽<)o

が、他にも小径軍団や何度かご一緒だったリカンベントや600kmだというのに自転車はほんと多彩。

女性はみんな高級車に乗ってるところがかなりびびる。
女性は5人くらいだったかな。

20110604_2.jpg

いつもの調子で最高尾あたりでスタートした。


毎度おなじみ雄ノ山峠。
登るたんびに低くなる!

登り始めるとすぐにヒロさんに電話がかかってきた。

「息子が車でトラブルちゃうかー電話に出たほうがいいでー!」
という予想通り…

「壁に擦ったー」と息子から電話がかかってきた。

ふぅ…(´ _ `|||
やっぱりまだ車を渡すのは早かったかぁ…
しかし、ここで言われてもなー的な(´ _ `|||

「ま、そんなこともあるわ!しゃーない!気にすんな!」
と太っ腹なところを見せた。


しかし現実問題、腹が太すぎて登れないっぽいよ。

ヒロさんがどうも調子が出ない。

少し登ると「先に行って~!」と音を上げる。
おかしいやん、おかしすぎる。

車が傷つけらたので、戦意喪失かな(=◇=;)
意外と繊細やからなぁ…

ではなくって。



どこかでバランス崩して腰を捻ったらしい。

300kmの山岳で腰にダメージを負っていたらしい。

それでどっかでなんかバランスを崩したんだろうね。

やっと和歌山へ入ったところなのに、この先走れるのかなぁ…

わずか10km雄ノ山峠で既に敗戦の予感。


20110604_3.jpg


海南か有田あたり、スタートから50kmくらいかなぁ…

タイヤの感触がなんか悪いなぁ…

と、思いながら、嘘や、まさかまさか、まだまだスタートしたばっかりやん。

路面が悪いから気のせい気のせい…(´ _ `|||

自分をだましだまし走ってが…

とうとう、リムがブツブツ言い始めたので、諦めて自転車から降りてた。

おぉ…(´ _ `|||

よりによって、こんな時にお越しですか(≧∇≦)b 大魔王。

ちょちょいと手慣れた感じでチューブ交換。





そういえば忘れてた…

パンクが続いて原因がわからずに、とりあえずリムテープを交換してもらおうと、

会社の近くの自転車屋に行くと、「異常ありません」と言われて、そのまま忘れてしまっていたのだった。

もうこれは整備不良としか言えない。




予備チューブは二人で3本とかこれまた太っ腹だった。

しかも1本は間違えて650だったよぉ(≧∇≦)b

おぉ…梅雨晴れの青空のもと、心に暗雲。



20110604_4.jpg



1kmもしないうちのお決まりの二度目のパンク。

とうとうチューブ使いきりました。




リタイアするなら日が暮れる前に温泉地でリタイアな!o(>▽<)o



20110604_5.jpg


ここのところ何度か和歌山にきたがいつも空は曇ってて、海はいつも鉛色だった。

梅雨だってゆーのに、珍しく空はよく晴れた!

少しぼんやりしていても、空と海は青くて美しい。

朝からの鬱陶しい気分も忘れて海岸線を眺めながら走る。


のんびり走って、適当なアップダウンをいくつも越える。

しばらく走ってると…

ヒロさんが来ない。

待ったり、行ったり、待ったり、行ったり…

悩み悩みはしる。


家を出る時から、リズムとかペースとかがぐだぐだに崩れた。

むむむむ~ん。なんか風向きがすごく良くない。


こういう時はあっさり諦めたほうが良いんだろうなぁ。


実際風向きは少々の向かい風でもあった。


心身ともに向かい風の中を一人でPC1に向かって迷いながら走り続けた。

リカンベントの人が追いついてきた。多分四国でご一緒だった人ですよね(≧∇≦)b

「黄色のアンカーで黄色のジャージの人みませんでしたか?」
「あ、自動販売機前でジュース飲んでましたよ!」

なんや。ハンガーノックか。
ってゆーかここでハンガーノックってのは調子悪いんだな。


PC1の手前に海に突き出た景色のよさげなロケーション海産物お土産屋さんに、コルナゴが一台。
ふ~ん。早速余裕やなぁ…

一人店内に座ってるシルエットが見えた。
何かつまみあげてぱっくり口に何か運ぶのがはっきり見えた。
あー!誰だかわかった~~~っ!!(* ̄m ̄) ププッ 


20110604_6.jpg

13時時頃かな悩み悩みPC1に到着した。
気温は一体何度だったのか。
ひょっとして今年一番の暑さに負けたのかもしれないな。

かなり暑かった。
しばらく待ってもヒロさんが来ないので、先におにぎりとお蕎麦を買った。
ローソンのオーナーらしき女性がマットを持ってきて「敷いてくださいね!」と言ってくださったのでありがたくお借りした。

人がいっぱいで座る場所もなかったので、ゴミ箱のすぐ横の日陰に小さい体をさらに小さくしてマットに座って、お蕎麦食べ始めたらヒロさんがやっと到着した。

この先行けるかぁ~(=◇=;)


充分休憩して、出発。


20110604_7.jpg

はい!10km程走るとパンクで~すっ!

うりゃ~さてさてどうする?


ここでDNFなら憧れの念願の白浜リタイアになるけど…(* ̄m ̄) ププッ

きゃ~o(>▽<)o
温泉!温泉!
ビール!ビール!飲めんけど!


しかしながら、温泉ビールには、なにぶん日が高すぎるのである(≧∇≦)b

こんな時間に温泉はいってビール飲むなんて、名折れである。
どんな名前やねんって(≧∇≦)b


次のPCまで50km。
行くか。

20110604_8.jpg



空気を継ぎ足し継ぎ足し…
20kmなんとか走れていたが、次第に10kmになり、8kmになり7kmになり…


写真撮ったりして、現実逃避をしても…
確実にタイヤの空気は抜けていく。


簡単なアップダウンにもヒロさんは対応できないようだ。

ワタシはタイヤの空気が減らない走りを追求しつづけ…


20110604_9.jpg


イノブータンランドという変な名の道の駅で、対策会議。
いろんな人からチューブやシーラント提供の申し出を頂いた。

しかしながら、それを頂いたところで、正体不明のパンクの原因が解決できないので、
お心だけ本当にありがたく頂いた。
ブルベライダー達の温かさをわずか150km足らずで身に余り過ぎるほど頂いた。



20110604_10.jpg

もはやカメラを向けられても笑えず。

ここの空気ぬけますねんとカメラに訴え。

辺鄙なところで止まって空気を入れようとすれば、家のおじいさんが心配して出てきたり。

20110604_11.jpg

ま、ここでは写真取ることにしてました。
あ、文字とれたのに直ってますね。
でもまだ立ち入り禁止でした。

この50kmで7回くらいは止まって空気入れたかな。

腰を痛めたヒロさんは携帯用のポンピングですっかり腰を痛めた様子。


あとちょっと頑張れ、せめてPC2まで!!



20110604_12.jpg


ゴール!

今日のゴールはPC2!
めっちゃ頑張りました。

心折れませんでした、PC2までよく頑張った。
自分を誉めたいくらい!
ちょうど時間も18時頃かな。
温泉リタイアにはちょうどいい時間となりました(≧∇≦)b



「ここでリタイヤします!」とスタッフのかたに事情説明すると…


あぁ!それならありますよ!

にっこにこ笑顔で車から出してきたものは…


タイヤ、チューブ、リムテープ、フロアポンプ。


ぎゃあああああああああああああああ!

優しすぎるやん!!!(≧∇≦)b

鬼っ鬼っ鬼っ!!



しばらくタイヤやリプテープを目の前にしながら、地面に崩れ落ち悶絶するワタシでありました。




危うく誘惑されるところでした。

勇気を持って、憧れの温泉リタイアを決行。



20110604_13.jpg

その前にトビウオ丼で夕食を…
NOJIさんも追ってお店に来た。
三人で一緒に夕食となった。
リタイアの我々と一緒にのんびり夕食って大丈夫やったんでしょうか。

ここのお店の女将さんは400kmの時も立ち寄ったのを覚えて居て「おねーさん前にも自転車で来ましたよね?」と言ってくれた。

お店で飲んでた観光客のみなさんから、「なんですか?レースですか?」の質問に、いつもは時間がないので、適当に答えてたけど、リタイアなので心置きなくお話しして楽しかった。

20110604_14.jpg

「どうぞ!」と言って出てきたのが…
10センチに満たない小さな、たぶん豆アジ。

一夜干しっぽいものを少しだけあぶってあるものでしたけど、ふんわりして激うまっ!!!!o(>▽<)o
これねー!今まで食べた魚料理で一番美味しい魚だったかも!
リタイアのリラックスも手伝ったのかなぁ。

20110604_15.jpg

先へ進むNOJIさんとはここで別れて、
もう一度PC2へ戻ってフロアポンプでホテル迄の空気を足して、スーパーで衣類を少しかって、
串本のオーシャンビューなホテルへさっさと引き上げました^^;
スマートフォンこういう時に役に立つだろうとは思ったけど、ホントに役に立ったわ。

串本の温泉は相当よかった。
のんびり遊んで、ビールを二日酔いにならないようにちょっぴり飲んで、爆睡。

オーシャンビューで目が覚めた。
朝から海の見える露天風呂に浸かりながら、みんなゴールを目指してるんやろな。と思うとちょっと寂しかった。



「リタイアしたからすぐに迎えに来い!」とメールしたら11時頃ようやく迎えに来た、
車を傷だらけにした息子に再教習しながらあちこち寄り道してドライブしながら帰った。

まっすぐ196号線を登り吉野あたりで誰かにあうかなぁ~と思ったら…



いた!!



タクリーノのジャージはAKIO!さんやん!!


吉野から五條への道で、ゆるい坂なのに歯を食いしばって登ってる表情が見えた!

もう500km以上走ってるはずだから軽い坂でも相当応えるんだろうな…。

が!ん!ば!れ!

声を掛けたかったが、安易に脱落した者から声を掛けるのは、
既にこなした距離の前に、その馬鹿げた距離に対する真剣さの前に、
あまりにも申し訳なくて声が出せかった。

テレビの中の遠い遠い世界の人のように思えたよ。





ワタシも…
眠気や体中の痛みと汗臭さ、ジャリジャリになった顔で歯を食いしばって、
ここに居るはずやったんやぁ…

少し悲しくていたたまれない気持ちになったがそれもブルベなんだな。




PC2 194km地点 串本のローソンでリタイア。



BRM604 紀伊半島一周600km 敗戦記完!
スポンサーサイト
ブルベもどうにか走ってみる | コメント(26) | トラックバック(0) |
| ホーム |
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。