スポンサーサイト
【 --/--/-- --:-- 】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
たらこ
【 2011/09/22 21:32 】
今朝起きたら、アンジェリーナ・ジョリーになってた。

ワタシでんがなー^^;


作ったプログラムのボタンがなんだか肉感的だなぁーという夢を見ていて、
深夜に目を覚ますと、下唇がビー玉みたいにかちかちパンパンに腫れてる。
観察する間に右から左にどんどん被害拡大して唇全体が腫れた。


一体何が…??


痛くも痒くも無いが、虫に刺されたのか、何かにかぶれたのか…

石鹸つけてゴシゴシ洗って、うがい薬でぶくぶくして、
唇に器用にも保冷剤をのっけて、まっすぐ上むいて眠る。

ねれんてー

これがもしアレルギーで口の中までどんどん腫れて行って、
気管支が腫れたら窒息死するだろうな。とかめっちゃ考えた。


まんじりともしない夜が明ける。


恐る恐る鏡を見ると。

ぎゃあああああああああああああ! アンジェリーナ・ジョリーやんっ!!

ぺしっ^^;あぁ…すんません。

うす目で遠くから見ると見えなくもないようなあるような…^^;


ほんまアンジェリーナ・ジョリー!

はいはいブラッドピッド!





寝る前に読んでた本は、
突然発作のようにブックマートへ夜遅く駆け込んで買い込んだ本だった。
その日初めて開いた、田口ランディ著書。
ワタシもニフティ長かったので、そのあたりの感性はとても共感出来る。
初めの頃の作品は吹っ切れてて面白かった。
近頃、精神世界とくに宗教に軽く抵触するあたりでなんだかとてもじれったさ、
あぁもうひとつっこみ足らん~~~的な大きなギャップが起きて、

読み続けられなくてパタンと本を閉じる事。しばしば…

それでね。

パタン。

本を閉じて…


そのまま両手で本を挟んだまま、枕にして眠ってしまった…

枕に近かったあたり唇の右端の上下がビー玉みたいに固く
腫れ上がってたんだ…




古本だったのでダニでも居たのか。




まだ事故のことで接骨院へ通ってるんだけど…

そこの先生に依ると、

唇から頬に掛けても固く腫れてることから
「リンパが腫れてるんじゃないですかー」

ってことだった。


なんだそっか、ちゃんと治りそうだ。


アンジェリーナ・ジョリーには、なれないのかぁ…。




そーゆーことで。
今度の三連休も、自転車に乗らないで静養という名の仕事。




10月になったら絶対始動するど~!
来年のブルベに向かって身体を作りなおすど~!
何とかと秋の空。的な…。


近畿の従来のブルベコース台風で壊滅みたいだけどね。
スポンサーサイト
徒然という記録 | コメント(4) | トラックバック(0) |
| ホーム |
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。