スポンサーサイト
【 --/--/-- --:-- 】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
おのみちのお
【 2009/09/27 21:32 】
しまなみ海道紀行最終編です。


34.jpg

しまなみ海道のスタートとゴールは尾道でした。
5時頃尾道に着きました。
尾道に上陸したとたん少し濡れるほどの雨が降りました。

翌日がシルバーウィークの最終日なので、高速は絶対混むはず!
大渋滞の高速に乗るために、お風呂屋さんを探しました。


夕方の渋滞の中を移動するのも嫌なので、一番近いお風呂屋さんは駐車場が無かったので、
二番目に近いお風呂屋さん。


35.jpg



今回は、女湯盗撮レポです(。-∀-)




間口一間ほどの入り口のお風呂屋さん。
名前は大宮湯
電話で問い合わせると駐車場も近くにちゃんとあるらしい。
「すぐ近くまで来てるんですけど」というと、
にこやかなおじさんがお風呂屋さんの細い入り口から通りまで出てきてくれた。


36.jpg


細い通路を通ってのれんを一つくぐると二つのドア。
女湯と書かれたのれんと男湯と書かれたのれんの二つの入り口。

細い通路を入った所から既に異空間。
ワンダーランド。

のれんをくぐると狭い黒ずんだたたきに有る踏み板を上がると、
ところどころ痛んだ黒光りしたフローリングというか床板。

開け放したドアと脱衣場を仕切る、薄い布のついたて。

番台に座っているのはさっき迎えに来てくれたおじさん。
推定60才。

番台のおじさんは女湯と男湯の壁に向かって座っているが、
相撲中継の音声が聞こえているので、男湯にはテレビがあるらしい。
おじさんはテレビに向かって座っているが、女湯は一望出来るだろう(≧▽≦;)
うわぁ~みえるやん~(≧▽≦;)
恥と外聞は20年前に分娩台に置いてきたのでかなり大丈夫だとは思うが…
ま、銭湯ってそうやんなぁ~普通(≧▽≦;)

隠れるようなスペースもない狭い脱衣場を珍しさのあまりキョロキョロしすぎのワタシ( ̄∇ ̄;)フフ

しっかし、ちょ~レトロ(°∇°;)

懐古趣味や古いモノに味わいを感じるような高級な人間には出来ていないが…
時間が止まったのではなく時間だけが過ぎてしまった、ワンダーランドに魅せられる。

内装は黒びかった床以外、壁も天井も完璧に水色に塗られている。
が、一体何十年間に塗ったんだろうか。
壁も天井もところどころペンキがはげていた。

20090922180932.jpg


ロッカーはこんな感じ(≧▽≦;)

結構このロッカー見て感激してしまった。
なんやよ~わからんがすごい。
鍵が一つも掛けられていないが、開けてみると衣類が入ってる。
そ~!そ~!誰も鍵を掛けてないんです(o^-')b

右側の棚の様なモノはよ~く見るとベビーベッド。
しかしベビー布団もクッションもないので、もうずいぶん長い間棚として使われているんだろう。

洗面器にシャンプーとかお風呂セットが入ったモノが置かれていた。
数えたら全部で30個程。
コレが常連客の置き洗面器なんだろうな。

逆側の男湯とのしきりは古びた大鏡。所々黒くなったり小さなヒビが入ってた。
全盛期の若貴のツーショットのポスターが貼られている。
大切にされてきたのか、この風呂屋のどの装備より若貴は若々しく新しく生き生きしている。


狭い脱衣場の真ん中には、カバーの少し破れた長椅子と二つのパイプ椅子。

一人おばあさんが居て…
ワンダーランドにきょどっていると…
「こんばんは」ときれいな声で優しい笑顔で声をかけられた。
「あ!こんばんは!」とびっくりしてあわてて挨拶をかえす。
それ以上何か話しかけられることは無かった。

何故かお風呂に入っていた女性たちが一斉に上がってきた(≧▽≦;)

っていうか、入浴客はぜーいん、おばあさん(o^-')b
推定平均年齢80才!
5人ぐらいだったけど。

うわ~囲まれるぅ~(°∇°;)
と思ったが皆さん口々に「こんばんは!」とにっこりして下さった。

な~んだかすご~く自然でステキな笑顔なんですよね(o^-')b
道ですれ違うとこんな笑顔の人に会うことはないな~
ワタシに興味津々で「どこから来たの~?ここのお風呂どう?」とか言いたそうな優しい笑顔だった。

不思議やねぇ~お風呂屋さんって(o^-')b


20090922180918.jpg


おばあさんが全員上がってしまったので、浴室は空になってしまった。

どうしよう、ひょっとして浴室から出ようとすると、煙がむわむわ出て、ワタシもおばーさんになっちゃうんじゃないだろうか( ̄∇ ̄;)フフ


ふとそう思ったが、浴室に向かった。


浴室には、真っ正面に絵が有りますね、よくね。
富士山でしょー?

それが、ちがうんですよー(°∇°;)
ヨーロッパだかスイスだか、
白く尖った山の峰の連なり、針葉樹の森、小川、石積の橋。
赤い尖塔のどう見ても教会らしい建物だが十字架がないやん( ̄∇ ̄;)フフ
む~ん。
定規で測ったように、やたら正確に尖った絵だが、レトロなお風呂屋さんとみょーに似合ってんなー( ̄∇ ̄;)フフ

浴槽に突っ立ったまま、しばらく絵を鑑賞させて頂いた。

床のタイルはまだまだ張り替えたばかりだろう、が天井からはあちこち修理の跡とはげた水色のペンキ。
壁のタイルは一部崩壊、修理の為か白い発泡スチロールが入ってた。

男湯と女湯のしきりの壁は…
ちょうどワタシの背より少し高いところから20センチくらいの曇りガラスの小窓が壁の上に横に連なっている。小窓の上は空間(°∇°;)
小窓の一つは無くなってすっぽりと空いてるし~
きゃ~(°∇°;)
背の高い男性なら完全にのぞけるやん~(≧▽≦;)

男湯からはヒロさんと誰かが「熱い」とかなんとか話す声が響いていた。


一人っきりで誰に遠慮もなく、の~んびり浴槽に浸かろうと…

ひょっひょっとして熱いんちゃうか~(°∇°;)

一昨年のブルベにくっついて行って下田でやっぱり一人で温泉の銭湯に入ったが熱くてすぐに飛び出た、プール程ではないが潜れるほどの深い浴槽だった。

尾道は浅かったがやっぱり熱い~(≧▽≦;)

足をつけてみるとじんじん(≧▽≦;)
しばらくすると慣れてきたので、少し浸かると熱くてふらふらになってお風呂から逃げ出した~(≧▽≦;)


でも、大丈夫おばあさんにはならなかった。
いや小じわ増えたかも(°∇°;)



まぁ、そんな風な女湯潜入盗撮レポでした!



はっ?へっ? なんか別の期待ありましたぁ?(* ̄m ̄)ププッ

スポンサーサイト
どうにも分類できません | コメント(10) | トラックバック(0) |
<<雨ニモマケズ | ホーム | 橋だらけ>>
コメント
私のふるさと

尾道から船に乗って島に渡る。
子供の頃、夏になるとそうやって田舎に帰ってました。
橋で渡れるからこそ自転車でも行けるわけですがそれと引き換えに島はいろんなものを失いました。
車で本土まで買い物に行くので店はさびれ、観光客も日帰りどころか通り過ぎるだけなので宿泊場所が無いだけでなく食事どころさえまばら。
通り過ぎる車が分断する町。

関東でいえばアクアラインによって千葉の海岸線の町、これからそうなるんだろうなあ。

愚痴ですみません。
おいちゃん URL [編集] 【 2009/09/28 00:49 】
懐かしい

昭和生まれの、下町育ち、小学生の頃は、家にお風呂はなくて、友達とお風呂に行くのが当たり前の毎日、下駄箱の鍵を、空いてるところに入れてを繰り返し、子供5人で下駄箱満杯~ 脱衣箱の雰囲気懐かしいです、お風呂が遊び場で、風呂上りに飲む、冷やし飴 思い出しました。
クロ URL [編集] 【 2009/09/28 11:48 】
ついに

ついにしまなみに行ってきましたか。
しかし、天気が微妙やったようで、ちょっと残念ですね~
実は、しまなみはサイクリングロード以外の道に景色がええとこが多いんですよ。
もしまた行くことがあれば、ええポイント教えるんで聞いてください。
特に大島の亀老山はお薦めです。
天気が良ければ、↓な景色を見ることができます。
http://watashida.air-nifty.com/photos/uncategorized/2009/04/03/20090331_101.jpg


それにしても、お風呂で写真を撮るなんて、犯罪すれすれですやん・・・
私だ URL [編集] 【 2009/09/28 23:05 】
原風景

うちのばあちゃん家の近くにこんな銭湯ありました。
ばあちゃんの家にお風呂が無かったので泊まりに行く度に入りました!
そういえば入浴客っておじいさんばかりだったような(笑)
テル URL [編集] 【 2009/09/29 17:23 】
おいちゃんさま~

わ~おいちゃんさんのご実家でしたかぁ(^-^)ノ
そういえば10thって書いてありました~
10年にも成るんですねぇ。
でもワタシは橋が有るからもう一度こんどはゆっくり行ってみたいなぁ~っておもいましたけどねぇ。
でもほんと橋以外なにも無いようにはみえましたが…(°∇°;)
都古 URL [編集] 【 2009/09/29 21:04 】
クロさま~

ワタシも子供の頃には何度か友達に誘われてお風呂屋さんに行ったことありますぅ~
昔はみんなで泳いだりしました(^-^)ノ
いまでも温泉で誰もいないとたまに泳ぎます(^-^)ノつーかお風呂でしか泳げません~(≧▽≦;)
大阪のお風呂屋さんとはかなり違ったかんじでしたよ~(°∇°;)おばあさんだらけだったし(≧▽≦;)
都古 URL [編集] 【 2009/09/29 21:07 】
私ださま~

きゃ~!!!
写真めっちゃきれいですやんか~(≧▽≦;)
そんなん見たら帰れなくなりますねぇ~
って日がとっぷり暮れて橋渡るのもおもしろいかもしれませんねぇ(^-^)ノ
しまなみ海道はゆっくりのんびり時間をかけて行かないとだめですねぇ~ほんといいところでした!
やっぱし女湯で写真撮ると犯罪かしらん~
どこの温泉でも、女湯脱衣場で携帯メールす
ら禁止ですからねー( ̄∇ ̄;)フフ
都古 URL [編集] 【 2009/09/29 21:12 】
テルさま~

うひゃひゃひゃおじいさんばかりの銭湯(o^-')bやっぱり男湯はそうか…
お風呂屋さんは今どきおばあさんだらけかとおもった~(* ̄m ̄)プッ
ヒロさんもおじいさんに声を掛けられてたらしいですよ。
熱いお風呂の温かい思い出ですね。
いいですねぇ~お風呂屋さん(o^-')b
都古 URL [編集] 【 2009/09/29 21:15 】


すいません。しまなみ記より、銭湯@尾道のがインパクトありました(*^-^)b

懐かしいです。学生以来だからウン十年入ってないなぁ。
ぼく@ハヤマ URL [編集] 【 2009/10/01 21:49 】
ぼく@ハヤマさま~

ぷふふふふっ(* ̄m ̄)
わかりましたぁ?
ワタシも一番インパクトあっておもしろかったんですよぉ~
地方のお風呂屋さんおもしろいですよ(o^-')b
都古 URL [編集] 【 2009/10/01 22:00 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ikinari02.blog34.fc2.com/tb.php/144-4b4f35aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。