スポンサーサイト
【 --/--/-- --:-- 】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
BRM718近畿400km-ゴール!
【 2009/07/23 21:41 】
昨日ブルベの真髄と大げさな事を書いたが、
なんてことはなく、ただ夜間走行が始まるわけです。

串本を出てから、日がとっとと沈んでしまった。
のんびりとした夕焼けとか静かな夕暮れを期待したが、車の多い43号線をひたすら走るので、のんびりした気分でもなんでもない。
曇りがちの空が暗転しただけの変化だった。
国道は車が多いので大して暗くないので快適そのもの。
ときどき車に邪魔にされるけど。

足はよく回り始めた。

次のPCまで約70km 約3.5時間。
この間を去年は暴風で5時間以上掛かってしまったのだ。

それを思えばめちゃめちゃ楽勝~(ノ゚∀゚)ノ
風は向かい風だが風速3m!普通だ。

ただここから約100kmくらいは、難所とも言えるかもしれないが、
アップダウンがいつ果てることなく続く道。
苦手な人はかなり苦しむらしいが…

ワタシたちはこの道は決して苦手ではない。
登りが続いて耐えられなくなった頃に下りが来て休めるからだ。
本当の所を書くと、ここはワタシは登ってない。
下ってるだけだ、がんばって下る、そしていきおいで登る。
登り切れなかった所は少しずつシフトを落として回す。
ときどき登り切れずインナーローまで落ちたら、なんか失敗( ̄∇ ̄;)
坂アタックゲームだ。

坂が短いと体重軽いワタシの方が速い。
坂が長いと踏んでるヒロさんの方が速い。
坂を登るやり方は同じで、ここではスピードはお互い待つことなく楽しいリズムを作る事が出来る。
下りながらもう次の坂が目に入る。気持ちと一緒に自然と足が回り始め、次の坂を目測する。
暗いけど、長さと角度を予想する。次の坂こそ!!
アウターのままで登れ切れたら、やったぁ~なんかめっちゃ坂つよいかも~!!という楽しい錯覚に充分浸ることが出来る。

ま、そんな風に約100km。
外見的には夜中にアウターでがつがつ坂を登りつづける馬鹿。


坂の上からふと海に目をやる。

去年の嵐では荒れた波しぶきの音と潮の香りだけの海だった。
今年は夜でも海は見える。
と言ってもまだ20~22時だから海もなんだかあわただしげだ。

漁港には出港準備の明かり。
これでもかというほど明るい照明を付けた漁船が出港していく。
遠く水平線あたりにはたくさんの漁り火が…
昼の熱かった空気が夜の海にゆらゆらと多くの漁り火を幻想的に見せている。

わぁ~こんな光景やったんやな。
あの日はすごかったけど、今日はええ感じやぁ~
足もまだまだよう回ってる~
月と星はまだ雲に隠れて出てこないが、車も通るし町もまだ明るいし快適快適(^-^)

暑かった真昼と違って少し気温も下がり、かすかに風の吹く心地よい夜のサイクリング。
遠くに揺らめく漁り火。なんやめっちゃたのしいわぁ(^-^)


ふと
ガードレールの向こうの海岸に目をやる。
少しはある平坦の瞬間だった。
ガードレールの向こうには背の高い雑草が生えていて、その向こうはすぐ海。

遠くに漁り火に照らされた海ではなく、手前の道のすぐ下の海は真っ暗。


のはずだが…

何かが見える!!


じ~~~~~~っ。凝視。

え?え~~~~~~~~~~~~~~~~っっと(?_?)






沈黙…。


くるくる。

くるくる。

くるくる。


無言…。

くるくる。

くるくる。



「ヒロさん…鬼火って見た事ある?」

「いやないで、俺はそんなん一切見ん。 君は?」

「うん一回だけ見たことある」





「10分ほど前」

「…。」

またかよ…って心ウチの突っ込みが聞こえた。


ワタシが道の上から海面に見たもの。

青い炎。


ゆらゆら揺れる透明で美しい青色の火球。
直径にして10センチ前後。
短いしっぽを揺らめかせて海面から6,70センチくらいゆらゆらと立ち上った。
立ち上って、ネズミ花火のようにくるくる回って下降してまた立ち登った。

その周りを見ると…
海上に全部で6つほど同じようなモノが。
静かに海面に浮かんでいるもの。
海面すれすれをゆらゆら飛行するもの。

なんかすごくキレイでにぎやかな感じだ…( ̄∇ ̄;)フフ


あはははははっ( ̄∇ ̄;)

鬼火ってこれかなぁ…

こわっ…(≧▽≦;)

いや、大丈夫!たぶん噛みつきはしないだろう。

ひょっとして釣りのなんか知らんが仕掛けとかちゃうか…あははははっ( ̄∇ ̄;)


たぶん写真には撮れないし、立ち止まるのもなんか恐いので、ヒロさんにもすぐには言えなかった。

アレは鬼火だったのか、釣りの仕掛けだったのか、リンなのかメタンなのかプラズマなのか…謎。
とにかくそんな鬼火を白浜の海で見た(≧▽≦;)



1_20090723095726.jpg

PC4から約70km。
夜なのに無休で走り続けPC5に到着。
この区間はなんか我ながらがんばったなぁ~って思った。

294.5km ローソン田辺新庄店 (クローズ03:40)
到着時間は10時半ごろかなぁ。


また水買って、ドーナツくらいは食べたかなぁ。

そして最後のPCに向かって出発。



もう12時間以上走り続けてるが、快調そのもの。
足はよく回っている。
PCからスタートするときはちょっと辛いが、1時間もすると心臓と足がよく回り始める。
眠けは全く来ない。
今まで一番いい感じで夜を越えようとしている。

田辺あたりだろうか…
少々広い交差点を快調に走っていた…
去年は深夜に暴走族に囲まれたあたり、和歌山には暴走族多いのかなぁ。
この日はまだまだ時間が早いので、若い人たちはたくさん遊んでるんだろうな。
車がエンジン音を立てて何台も過ぎたり、対向車線を来たりした。

向こうからやたらエンジン音の大きい車。レクサスだったか。
充分道幅があったから対向車線だし大して警戒もしなかったら…

ワタシたちの横に来て急にハンドルを切った。
右折しようとしたのかUターンしようとしたのか、ブレーキも掛けずウィンカーも出さずに、
ワタシたちにつっこんできた。

ぎゃあああああああ!!!

前を行くヒロさんが車の鼻先で左に避けた。
左後を走っていたワタシの前輪にヒロさんの後輪の何かが当たった。

バツン!
ワタシの前輪から何かが飛んでいった音がした。

ガ!ガガガガガガ…
前輪がとてつもない音を立てた。

うわああああああ!
スポーク折れたかなぁ~(≧▽≦;)

お互いに落車はしなかった。
路肩に寄って自転車を調べる。

もしスポーク折れたらDNFやなぁ( ̄∇ ̄;)
温泉入って明日帰ろうかなぁ…せっかく快走中やったのにぃ…


それより走れるかどうかを調べる。
ガガガと音を立てていたのは、ポラールのスピードセンサーが曲がってスポークに当たっていた。
ポラールはウンともスンとも動かなくなった。
数日前からスピードセンサーは時々止まったので接触との関係は解らない。
このブルベでも合計3kmくらいは止まってた。

バツンと言って飛んでいったのはキャットアイのマグネットらしかった。
しばらく探したが暗いので見つけられなかった。

ホイールを回してみても、大丈夫そう。


レクサスの二人組も窓から顔を出して「すみません~大丈夫ですかぁ~」
ヒロさんはにらみつけただけで、逝ってよし…
たまにはキレたらどやろか( ̄∇ ̄;)


接触のショックでちょっと凹んだ。


でも凹んでいる場合ではないのだ。

午前1時の水越峠。


長さも斜度もいつも登っている感じだろうか、柳谷程度かもう少しあるのかなぁ。
ただ時間が時間だけに、去年は下りで突然猛烈な睡魔に襲われて壁に激突しそうになった。

こころして登ろう。
ただ今日はまだまだ快調。とはいってもさすがに登りを楽々登るわけにはいかない。

え~ん暗いよ~恐いよ~ヒロさんちょっとぐらい待ってぇ~( ̄∇ ̄;)フフ
え~っとここら辺たまには女子発揮しときます(ノ゚∀゚)ノ
それで無ければいろいろウワサもある真っ暗の水越峠においていかれますんで。

去年は暴風雨の後のこの峠は本当に辛かったが…
思いの外あっさり登り切った、やっぱり去年の天候は半端無い。

あれ~こんなに短い峠やったっけ。
あははははっめっちゃ登りはやなったりしてぇ~
残すは雄ノ山峠だけなので、うれしくって口も気持ちも軽くなった。
足ももちろん軽いし、今日は完全に目も頭も冴えてる。
快調そのものだ!!

…なのに。
少々の下りが得意のワタシにはあり得ない事が起こった。

らくらく~うふふ~ん~峠は後一つぅ~♪
鼻歌も出そうな楽勝モードで下っていった。

あのコーナーだ!

気が付けば左のラインを越えていて、目の前に壁!!

あああああああぁぁぁぁぁぁ!!

ぎゅっと必死でコースに戻す。
壁を交わして、ちゃんと道に戻れたが…

結構広い道は暗いから左手にラインを意識しながら道のど真ん中を走ってはずなのに。
なぜラインを越えちゃったのかさっぱり解らない。
もし疲れてぼ~っとしてたら、あと20センチ左に寄ったら、溝に落ちてコンクリートの壁に激突していた。

去年も今年も壁が寄ってきた。
他ではこんな事は一度もなかったのに。
ワタシにとっては魔の下りだ。

恐かったぁ~水越峠!魔っ!

寝てんのんちゃうかーとヒロさんがいうが全く疲れも眠気も無いのだ。

下ればすぐに最後のPCだし!



2_20090723095726.jpg

さて、最後のPCだ。
353.9km デイリーヤマザキ 和歌山広川店 (クローズ7:36)
到着は1時半頃。

体も気持ちも全く元気だけど、これまでの経験からここから夜が明けるまで、一番眠気が差す時間帯なので、ドリンク剤を念のため補給。

あとは深夜に食べると胃が痛くなりそうなので、プリンとか柔らかいパンだったかな。
残り63kmであまり補給したくないところ。

疲れ感は全く無いが、スピードは確実に落ちてると思う。
というのも接触で2個付けてたサイコンが全滅したので、どれくらいのスピードで走ってるのか全く解らん。

重さからアウターかと思っていたらミドルだったりしたか、やっぱり疲れていたんだろうな。


後ろにちらちらとライトが見える。
気が付くと後にクロスバイクの人が居た。

ずっと3人一緒に、ミスコースも一緒(^-^)

時間から計算すると雄ノ山峠は夜が明けているだろうと思っていたら、
思いの外暗いウチの雄ノ山峠になりそうだ。
思ったより速いねぇ~(^-^)
いつもはそろそろバテ始めるヒロさんも休憩しようとは言わない。
しきりに変なダンシングで背中を伸ばしたり腰を回したりしてる、疲れが溜まってきたんだろうな。

ワタシと言えば溜まった疲れは無いが頭は少しぼ~っとしてる。
眠くは無い。

下りと平坦は遠慮無くヒロさんは走る。
必死で着いて行く。
かなりのスピードで走ってると思ったが、クロスバイクの人も楽々だ。

思わず夜の雄ノ山峠を登り返すことになるので、3人の方が心強くていいな(^-^)
と思っていたら…

雄ノ山峠手前でクロスバイクの人が気が付くと消えてしまった。
少しスピードを落として待ったが来なかった。
パンクでもされたんでしょうか。

夜の雄ノ山峠こわいしぃ~
まさか暗いウチに戻ると思ってなかった…
うれしいというか恐いというか…

登り始めるのはちょうど4時。
何事も無ければ5時前には到着確実やん。
すごい!21時間切れるどー!!
ゴール目前に気持ちは軽いが足は重い(≧▽≦;)


「ヒロさん~恐いからゆっくりいってぇ~絶対おいていったらあかん~」女子発動。
「俺、雄ノ山峠、押すかも…」オス発動(゜m゜*)プッ

「うそやろ~!!マジでぇ~!!押すんなら先ゴールしとくわぁ(。-∀-)
ワタシが遅いんなら絶対おいていったらあかんで~じゃそういうことで~」


恐いけどインナーローゆっくりゆっくり登る。
トンネルも、ミラーも、おじぞうさんもごきげんよう( ̄∇ ̄;)フフ
暗くて恐いので今日はお構いできませ~ん。

朝の工事はどうなったかと思ったら、相変わらず激坂手前に信号があった。
激坂発進の仕方はちょっと解った。ギアを考えるより重めであわてず発進すればいいのだ。
よし!雄ノ山峠ゆっくりゆっくりクリア~!!
やっほ~!!
雄ノ山峠上に4:20頃。
行けるやん行けるやん21時間切れるどー!!

がヒロさんの様子がちょっとおかしい。
下りに入ってもふらふらしてる。

「え?とうとう疲労ピーク?限界?」
「うん、ちょっと休みたい」
「え”~っ!!下った後10kmやんゴールしてから休も!な!!」

ふらふらでまだ暗い道が見えないかもしれないので、下りはワタシが前を行った。
ふと気が付くと後に居ない…Σ( ̄□ ̄;)

かなり下ったあたりで、しばらく待つが来ない。
待っている間数人が抜いていった。
さっき消えたクロスバイクの人も抜いていった。

え~!!ヒロさんどないしたんやろ。
ひっとして路肩で寝てるんやろか…

3_20090723095726.jpg


携帯に電話しても出ない。
どうしよう少し眠って貰った方がいいのか…
先にゴールすんで!とは言ったがやっぱりそれはマズイかも。
…と思いながら下った雄ノ山峠を再びのろのろ登る。
10分ほどして、いくらなんでも起こしてやろうと電話を入れてみると。
「もうずっと下ってるし!!」

へぇ~~~~~~!! Σ( ̄□ ̄;)
わからんわからんここはどこ、ヒロさんはどこ??
なんか化かされたのか、ワタシもとうとうボケたのか(≧▽≦;)


どうやら先に過ぎたクロスバイクの人だと思ったのはヒロさんだったようだ。

急いでまた下ってやっと合流。
ロスタイムおよそ20分。

あと20分でゴール無理かぁ。

夜が明け始めた信号が続く道。
がんばっても信号で止められるが、21時間切りを目指して精一杯走る。
がアウターはもう使えない。

ときどきうまく信号を抜けられる。


6_20090723095740.jpg

そしていつもの橋を渡る。

日の出が見れれば撮影会な!と言ってたが、空の雲の切れ目から僅かに明るい空が見えるだけ。

朝には観覧車のライトは消えてるのか。


7_20090723095740.jpg

あぁ~5時すぎちゃった。



めっちゃ気持ちよ~~~~く!! 400kmはしったどーーーー!!

5時4分!

ゴ~~~~~~ル!!






雄ノ山峠でうろうろしなければ21時間切れたのに惜しいぃ~!!

あれもそれもこれもあってのブルベですよね。
でも今回はこれまでブルベの中で走る事が一番楽しかった(^-^)

遊ぶと楽しいけど、がんばるのも楽しいのね~ん(^-^)



スタッフの皆さんもさぞ暑かった事でしょう!
本当に本当にありがとうございます(^-^)
感謝!!



ブルベレポート完!!



はぁ…3回で終わろうと思って、長すぎましたすんません(≧▽≦;)


今日も通勤は山二つ 走行距離【37】km
スポンサーサイト
ブルベもどうにか走ってみる | コメント(14) | トラックバック(0) |
<<雨降りました | ホーム | BRM718近畿400km-暑さの日中>>
コメント
いろいろあるね。

今度は飛んだのはマグネットですか?
冷や冷やしました。
無事で何よりでした。
ブルベ400kmゴールお疲れ様でした。
ブログありがとうございました。
masamicchi URL [編集] 【 2009/07/24 09:48 】
PCの通過タイム、速いですね~

速いですね。 行きの雄の山、先行車を、バビューンと抜いていく、お二人の背中みて、
あの速度で400K!と、驚きました。 果てしなく続くアップダウンを、楽しめるとは流石です、 私は、ハイハイ、また上りね、と一人で突っ込みながら、走ってました。 水越峠は、怖いような、不気味で、寂しく、上りの辛さ忘れて走れました、黒江で30分位、迷いましたが、天候が、前年に比べて、安定してたので、何とか完走出来ました、アップダウンは、うんざりですが、夜走るのは、楽しいと感じてます。
クロ URL [編集] 【 2009/07/24 10:03 】
狢です

速いですね~!
都古パワーのお裾分けを頂いてなんとか、ぎりぎり、へろへろで走りました。
次は何色にしようかな・・・
URL [編集] 【 2009/07/24 12:08 】
うぅ~ん・・・気になる (^^ゞ

レポート楽しく拝見させていただきました。(^.^)
さすがに400Km走るといろんな出来事が・・・
まぁそれらをすべて含めてブルベと言う事でしょうか。
無事生還おめでとうございます。
都古さんのパワー脱帽ですわ。
ばにやん URL [編集] 【 2009/07/24 17:00 】
怪我なく完走でなにより

前走者に接触すると転倒すると皆さん言われますが事故にならずよかったですね。
読んでると競い合ってるように読めますが本当は仲良く気を使いながら走ってるんじゃないですか?

でもやっぱ
>今日も通勤は山二つ
の方は強いなあ。
おいちゃん URL [編集] 【 2009/07/25 00:23 】
お疲れ様でした

無事ゴールできて良かったです。雄ノ山峠の所なんかかなりやばそうみたいだったし。ところで都古さんは霊感あるんですか?
以前雄ノ山峠でも見知らぬ自転車乗りがカーブミラーに映っていたとか・・・
steamtomo URL [編集] 【 2009/07/25 09:54 】
もはや400kmでは役不足?

『本当だったらハイライト』ってのが多すぎて...(‥;)

とにかくご無事で何よりです。

ギリギリでも全部すり抜けられるところが『見えてはいけないものが見える人』なんでしょうか。。。

お疲れ様でしたv-518
u:b URL [編集] 【 2009/07/25 12:05 】
masamicchiさま~

キャットアイのマグネットが飛んでポラールのセンサーが壊れて、最後の100kmはサイコン全滅でした…(≧▽≦;)
もうポラールは復活できましたけど、キャットアイは時計になってます(≧▽≦;)
都古 URL [編集] 【 2009/07/25 21:33 】
クロさま~

串本から向こうのアップダウン楽しかったですか??
600kmはアレが500km以上続きます(^-^)ノわけわからんぐらいハイになれますよ~(^-^)ノ
600kmもスケジュール確保して是非是非頑張って~!!
都古 URL [編集] 【 2009/07/25 21:37 】
オレンジの狢さま~

ほんと凄いです!!
リカンベントで400kmとは!
びっくりしました(≧▽≦;)
次はピンクで!600kmですね!!
きゃ~きゃ~凄いです!
頑張って下さいねーーー!
都古 URL [編集] 【 2009/07/25 21:40 】
ばにやんさま~

今回がんばったせいでしょうか、結構危険なシーンが多かったです。
よく落車しないもんやなぁ~と自分で感心してます(≧▽≦;)
もうちょっと安定な走行要りますねぇ(≧▽≦;)
落ち着きます(≧▽≦;)
都古 URL [編集] 【 2009/07/25 21:42 】
steamtomoさま~

やっぱり大阪周辺の峠は何処でもいろんなウワサがありますよねぇ( ̄∇ ̄;)
まあんな時間に通るんですから、見えないモノもいろいろあるかもしれません、疲れもあるし(。-∀-)
霊感よりも女のカンの方が我ながら凄いです(^-^)ノ
都古 URL [編集] 【 2009/07/25 21:50 】
u:bさま~

今回は危険なシーンが多かったですぅ。
もともと反射神経いいし器用なんですけど、
オトシがオトシですしねぇ~(。-∀-)
そろそろ慎重にしないといけませんねぇ。
見えてはいけない人は今回は見えませんでよかったです(^-^)ノ
都古 URL [編集] 【 2009/07/25 21:54 】
おいちゃんさま~

お会いできるかと思ってましたが、ほんとに残念(≧▽≦;)
今回は凄く楽だったので時々競争して遊んでました。
静岡の600kmでは登りが多くて喧嘩になりましたぁ( ̄∇ ̄;)
山通勤の為に仕事セーブしてたりして(゜m゜*)プッ
都古 URL [編集] 【 2009/07/25 22:49 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ikinari02.blog34.fc2.com/tb.php/42-093200d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。