スポンサーサイト
【 --/--/-- --:-- 】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
ねこって
【 2011/07/01 21:03 】
20110701_1.jpg

ねこってさー

言葉がちゃんと通じるんやねー!



会社に居た目の悪い子猫の続き…。


あの日は「猫どうすんの~!」で事務所にいる男の子と散々もめた。
飼う気も無いのに、子猫をダンボールに入れてミルクをあげた。

「衰弱してるように見えるけど、ダンボールじゃ夜間に飛び出して、事務所あらすよ!
大事な書類がおしっことウンチだらけなってたら困る!」


ペットを飼った経験無い彼によると…
「目が見えてないし、こんなに衰弱してるから飛び出してウンチなんてしないでしょー」

なんと想像力に欠けるヤツ^^;


散々悩んだ末に、でっかいパソコンの入ってたダンボールに猫を移して、
猫が元居た2階の玄関前に、猫がとてもよじ登れないと思うほどの大きなダンボール箱の中に
クッションとミルクを入れて、夜間は事務所から締めだすことにした。


翌朝来てみると…
目が見えてないだろうと思われた衰弱した子猫は姿を消してた。



一同ちょっとがっくし気落ちした。
なにげに可愛かった。

ワタシは密かにマイケルと呼んでたのだった…





その前後から、マイケル一家が会社の周りに何頭も居た。
同じような毛色の子猫も居たが、マイケルはいなかった…


マイケルあの暑さの中を野良で生きて行けるかしらん…


「君たち!目の悪い子猫はどうしたの?心配やから連れてきて!見せて!」


2日間野良一家に訴えた。
小さな声で何度か目を見て大真面目に言った。


それがねー
ちゃ~んと言ったこと通じてるよねぇ…


そう言って二日目の夕方!!



マイケルが会社のすぐ側の垣根の外にこちらに向いてちんまり座ってた!

きゃ~!!!マイケル!元気やったんかーーーーー


おばはん垣根を乗り越えてトナリの会社との溝っちゅーか路地に駆けつける。

ブロック塀を飛び降りても驚く様子は無い。
そろそろ近寄って、手を出してもこちらを見てる。
撫でても怯えたり逃げ出したりする様子も無い。
写真はその時の感動の再会の写真。



まるで…「ボク元気になったよ!」って顔をこちらに向ける。

目はまだ少し濁ってるが、すっかり腫れも引いてちゃんと見えてるようだ。

「マイケル治ったんや!!よかったなぁ!」


ちっちゃくてまだ弱々しいマイケルが可愛くってたまらない。
連れて帰りたいけど、ウチに来るかどうか聞かなかった。
家族もちゃんといるし野良は野良の方がいいのかも。


あまりにも可愛かったので、お弁当の残りの卵焼きをマイケルの顔の前に置いてきた^^;

何十年も焼き続けた卵焼きはもう飽き飽きしていつも犬のおみやげなのだ。




次にマイケルを見たシーンは、少し離れたところに親猫に丁寧に舐めてもらって満足そうだった。



んがー!
マイケルが一人で座っていた場所をふと見ると!!
別の子猫が!!
また目が塞ぐほどの目やにをいっぱいつけたヤツが一人でポツネンとこちらを見てうずくまってた。

ぎゃーねこってそーゆー生き物なの?


ひょっとして、
感染症のありそうなヤツは群れから隔離したりするのかねぇ…


時間が無くってかまってやれなかったが。
今度いたら事務所の男の子に薬を塗ってもらおう^^;







20110701_2.jpg


そーゆー事情があったので…


猫の代わりに飼った。

オークリーの調光!
スポンサーサイト
徒然という記録 | コメント(4) | トラックバック(0) |
<<久しぶりに朝練行ったよ~ | ホーム | ねこひろう>>
コメント
猫について

都古さん、こんばんは。
 人は容易に猫のとりこになります。それゆえ猫は魔性の生き物と呼ばれます。人間の勝手なんですけどね(^^)
 さて、猫さんに餌をあげる時の注意事項ですが、塩気の入っているものは与えないでください。すぐに腎臓を悪くして、悪くすると死んでしまいます。
石田 力 URL [編集] 【 2011/07/02 01:42 】
石田 力 さま~

あんなにちっちゃっくて可愛いのに…そこれそ魔性なんでしょうか…(≧∇≦)b
塩気ですね!了解しました~!
犬との違いはどんなもんでしょうか。
都古 URL [編集] 【 2011/07/04 20:56 】


確かに、「言うてる事が分かってるよなぁ?」てな事は有りますね。
私の体験では、痩せこけたお母さん猫と子猫3匹の側で、50代柄のおっちゃん二人組の「野良猫は、実験用の検体として、研究機関に引き取って貰ったらエエ値がつくらしい……」の会話を聞いていた、お母さん猫の苦しくも悲しげな表情を見てしまった時は、罪悪感を感じました(;_;)

都古さんは、「野良猫の就活(飼い主探し)」に出会った事はありますか?

子~若猫が同じ所を行ったり来たりしながら、人を見ながらスリスリして来て「大丈夫と思った人」なら大人しく連れて行かれるのです。


そんな猫に出会えると良いですね。


なべきち URL [編集] 【 2011/07/05 23:48 】
なべきち さま~

> 私の体験では、痩せこけたお母さん猫と子猫3匹の側で、50代柄のおっちゃん二人組の「野良猫は、実験用の検体として、研究機関に引き取って貰ったらエエ値がつくらしい……」の会話を聞いていた、お母さん猫の苦しくも悲しげな表情を見てしまった時は、罪悪感を感じました(;_;)
ぎゃ!
確実に理解されてそう…(=◇=;)

> 都古さんは、「野良猫の就活(飼い主探し)」に出会った事はありますか?
> 子~若猫が同じ所を行ったり来たりしながら、人を見ながらスリスリして来て「大丈夫と思った人」なら大人しく連れて行かれるのです。
うっそ~そんなことあるのぉぉぉo(>▽<)o
子猫と出会うのは何十年生きててホントに数回の事。
なんかそんなタイミングかも…

てゆーか。
ウチの花壇を荒らす野良猫とも仁義なき戦い中だけどね。
むむむむ矛盾。
都古 URL [編集] 【 2011/07/11 20:21 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ikinari02.blog34.fc2.com/tb.php/658-0adb596b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。